サーバー監視/ネットワーク監視
PR
PR 広告主募集中
cman.jp cman.jp > サーバ監視TOP > 用語集 > 日本語ドメイン/Punycodeとは?

日本語ドメイン/Punycodeとは?

一般的なサイトのドメインは英語表記(a~z、0~9、-)となっています。当サイトのドメインも「cman.jp」で英語表記です。

2003年に国際化ドメイン(多言語ドメイン)が制定され、現在は「日本語.jp」などの日本語ドメインも利用できるようになりました。
日本語以外にもアラビア語、ギリシャ文字、中国語、韓国語など多言語で利用されています。

広告

日本語ドメインの利用方法

ブラウザのアドレスバーに日本語ドメインを入力するだけで英字表記のドメインと同じように利用できます。

(例)「日本語.jp」様サイトの場合
日本語ドメイン

国際化ドメインが制定され日本語ドメインも利用可能となっていますが、実施のインターネット通信で利用されるドメイン管理(DNS)は英語表記のみの対応しています。このため、ブラウザが日本語ドメインを英語表記に変換してインターネット通信をしています。

主要ブラウザでは変換した英語表記を表示する機能を持っています。

ブラウザの日本語ドメイン

「日本語.jp」は、インターネット内では「xn--wgv71a119e.jp」で取り扱いされます。
この変換されたコードを「punycode」と言います。

ページTOP

Punycodeとは?

日本語ドメイン(国際化ドメイン)を英語表記に変換したコードを「Punycode」と言います。

たとえば、
「日本語.jp」 → 「xn--wgv71a119e.jp」
「www.シーマン.jp」 → 「www.xn--xck1dvc8a.jp」

日本語ドメイン(国際化ドメイン)は、Punycodeのルールでエンコードされ英字表記に変換されます。

Punycodeの先頭は必ず「xn--」となります。
「xn--」は国際化ドメインの予約語となり、先頭が「xn--」の英語表記ドメインは取得することが出来ません。

実際の変換は以下で確認できます。

日本語ドメイン【Punycode変換】

(当社サイトのページが開きます)

ページTOP

日本語ドメイン利用時の注意事項

対応ソフトウエア
日本語ドメインはブラウザやメールなどの各ソフトウエアで英語表記の「Punycode」に変換されインターネット通信が行われます。
このため、各ソフトウエアが日本語ドメインに対応している必要があります。
現在日本で利用されているソフトウエアの多くでは日本語ドメインに対応していますが、海外や海外製のソフトウエアは日本語ドメインに対応していない場合もあります。実際にLinuxのコマンドなどでも日本語ドメインに対応していないケースが多くあります。
対応していないソフトウエアの場合は、ホームページが見れない場合やメールがPunycodeのまま表示されるなどの問題が発生する可能性があります。
ホームページ等のターゲット
インターネットは世界につながっておりホームページも世界から見られる仕組みとなっています。
英語表記のドメインは世界で通用しますが日本語ドメインは日本国内だけで意味が通じます。
たとえば「coffee-shop.jp」は世界で意味が通じますが「コーヒー店.jp」は日本でしか意味が通じません。
ターゲットが日本のみ(日本のみ意味が分かれば良い)の場合に日本語ドメインを使用します。
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営 : CMAN 株式会社シーマン